読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2/12 シマノDi2シリーズの話

f:id:tkb27:20170212220109j:plain

いきなりよくわからない画像上げてますが、「MCX-JJ」というコネクタです。

 

これ

 

シマノ電動コンポの2ポートジャンクションとして使えます。

f:id:tkb27:20170212221118j:plain

こんな感じ。

 

何に使えるの?って話ですが。

 

今のRS9の配線を図にしてみると

 

ST(R)―ST(L)

MCX-JJ

|(ダウンチューブ)

ジャンクションB―ジャンクションA―バッテリー

|―FD

RD

 

ポート数は足りていたのでジャンクションBは必要なかったのですが、BB周辺の外側に4本もケーブルが通るので諦めました。

 

ちなみにこの状態でふるどのとおきなわ走ってます、明らかに推奨されない構成ですが、不安定な機材であっても、不具合発生が事故に直結せず、すぐに直せるのであれば問題ないと思っています、正直言って直せない機材の方がよほど怖い。

 

皆さん走りながら変速調整できますか?

 

これで何がしたかったかというと

・フロントブレーキ取り外し(ブレーキワイヤーはそのまま)

・MCX-JJでエレクトリックケーブル分割

・リアブレーキワイヤー取り外し

 

以上の作業でコックピット部分が丸々取り外しできる構造にしたかったのです。

 

何に使うのかって話ですが、「仕様の違うコックピットの取り付け」としか(笑)

 

これはジャンクションAを使うこともできますが、ステム周りが嵩張るので却下しました。

 

 

ちなみに、基本的に電動コンポは部品が電気的に繋がっていれば動きます。

 

例外なのがスプリンタースイッチで、これは左右のシフトスイッチに接続する必要があります。

 

要は、メインのシフトレバーが無いと動かないということです。

 

対して、用途は似ていますがSW-R600(サテライトスイッチ、上ハンに付ける人が多い)はこの例外には当たらず、どこに繋いでも動きます。

BB下から生やしてボトル取る隙に変速できます。(使うの?)

分解して奥歯に仕込んで加速装置、みたいな…(口から配線どうすんだ…)

 

そんなマニアックな用途は置いておいて、この「どこに繋いでも動く」というのは「シフトレバーの有無には関係ない」と同じ意味です。(スプリンタースイッチ以外の各スイッチには上下関係が無い。)

 

ということで最小(最安)構成

 

SW-R600

ジャンクションA(3ポート)―バッテリー

RD

 

これも大概マニアックですが、フロントシングルになるのでクロスバイクとかミニベロとかシクロに使うと面白いんじゃないかな、フロントシングルと言えばMTBにも使えそう。

 

こういうことを考えていると、Dura Ace Di2がモデルチェンジして最も大きく変わったのはジャンクションとケーブル関係かなと思います。

 

分岐ケーブルとか、ジャンクションAをダウンチューブやバーエンドに内蔵するとか夢が広がりますね(笑)